関東ではが咲いているというのに
 ここふるかわではがちらちら・・・

 いったいいつになったら春がやってくるのでしょうか


 しかし

 やっとみつけましたよ 
   
  画像+003_convert_20130327094227

  
 枯葉の中から
 ひっそりと顔を出していました

 寒さはまだまだ残りますが
 ふきのとうのの知らせに
 気持ちが和みます


 ちなみに
 ふるかわのは・・・

 画像+004_convert_20130327094308

 ご覧の通り
 開花はもう少し先のようですね



大変ご無沙汰してしました

突然パソコンの調子が悪くなってしまい
ふるかわ日記を更新することができませんでした

それにしても
今日は気持ちのいいお天気ですね~
昨日の強風や雪がうそのようです

そろそろふるかわがみつかりそうなので
次回たくさんお見せできればと思います

楽しみにしていてくださいね~


 東日本大震災から2年

 今日はすべてに対して祈るばかりです

 簡単に言葉にはできないので・・・


今日3月9日は
ありがとう(サンキュー)の日です

普段当たり前だと思っていることも
違った角度から見てみると
感謝の気持ちでいっぱいになります

感謝の気持ちをもつことは
自分の持っている幸せを引き出してくれるそうです

多くのことに素直に感謝できる人は幸せな人ですよね

松下幸之助さんの言葉です
 感謝の心があってはじめて、
   物を大切にする気持ちも
   人に対する謙虚さも
   生きる喜びも生まれてくる


ホント、その通りですよね~

 
感謝 感謝 すべてに感謝  
 


外はまだまだ寒いですが
今日は古川校にもやさしい陽射しが差し込んでいます

雪の話題がやっと終わろうとしているふるかわですが
まもなくうっとうしい花粉症の季節がやってきます

国民病と言っても過言ではない花粉症
くしゃみ・鼻水・目のかゆみ・・・

なんと今日は花粉症記念日だそうです

花粉は一年中飛んでいるはずです
なぜ今日なのでしょう

いろいろな説があるようですが・・・

いずれにしても
あまり歓迎したくない記念日ですよね

花粉症には苦労させられますが
それでもは大好きです

 3月3日はひな祭りですね 
 女児の幸福と成長を祈り祝う日です

 古川校にも小さな雛人形を飾っています 
      
               

 画像+021_convert_20130301142803


 この内裏雛の並べ方
 関東と関西では異なるようです


 日本では古くは、左側(向って右)のほうが位が高いとされてきました
 左大臣は右大臣より格上だったし、
 武家の結婚の儀式などでも、男性が左側に座りました
 それで、内裏雛も、男雛(おびな)は左側・女雛(めびな)は右側とされていました

 しかし、大正天皇が西欧の王侯貴族のしきたりにならって、
 右側(向って左)に立ち、皇后を左側(向って右)に置かれるようになってから、
 内裏雛の並べ方も変わったといわれています

 ただし、伝統を重んじる京都では、
 現在も古式のままの飾り方がされています
 
 
 ところで皆さん

 男雛をお内裏様、女雛をお雛様と思っていませんか
 童謡の歌詞にも出てきますが・・・

 実は、内裏雛とは、男雛と女雛の一対のことなんです
 つまり両方のことなんですよ